So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
free counters

文房具はたのしい

 文房具は、何故でしょう、ちょっとワクワクします。そう思う方も多いのでは。

 

 私はいろいろ手で書くことが好きなほうです。普段使いはボールペン、ゼブラのスラリ300の0.7ミリがお気に入り。書き心地もなめらかで、見た目の色も、メタル感も、悪くない。これで300円は良いです。私はいつもこれ。

 
 そんな小さな幸せを大切に生きている器の小さな私ですが、最近、一味違う、性能の良いシャープペンが欲しくなったので、良さげなものを取り寄せてみました。

P_20181007_115550.jpg

 上のシルバーのと赤いのがシャープペン。英語で言うとmechanical pencilらしい。

 

 シルバーのが、ぺんてるの「グラフギア1000」というもの。製図などで使うらしいです。クリップ部を使おうとするとペン先が自動でボディに格納されるなど、面白い機能も。全体が金属で出来ているので少し重さがあり、いざという時には殺傷能力のある武器にもなります。
 何かを正確に描こうとする時に力になってくれる系か。

 

 その下の赤いのが、やはりぺんてるの「オレンズ」。力を込めても芯が折れない仕組みとのこと。このシャープペンは最近時々ある、芯をペン先から出さずに書くという仕様のもの。メタルグリップだけど軽いので、「カラマーゾフの兄弟上・中・下巻」ひと息に原稿用紙に書き上げても疲れなさそう。うん。
 字をがっつり沢山書く時に力になってくれる系か。

 

 どちらも定価は1000円ほど。使ってみて、けっこう良さそうです。

 
 ちなみにですが、うちのペン立てには私が中学生の時に買った、何でもない安物シャープペンがいまだ残っていて、30年分の時代をまとい、現役です。黒松なら肌バリバリでしょう。幾度の引っ越しを経て失くすこともなくいたのが不思議です。
 

 一番下のはおまけで買ったシャープペンタイプの消しゴム。長方形の棒消しゴムがシャープペン状に出てきます。家で使う時、置いておくのでなく、ペン立てに収まる消しゴムが欲しかったので。

 

 やっぱり文具は楽しいね。おまけに枯れないし笑。

 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

き

グラフギアわたしも持っています!設計の仕事してた時にもらいました。すごく書きやすいしいいペンだぞっ
by き (2018-10-18 08:48) 

まこと

きさんへ

その方面の方々には定番みたいね。気に入ったから、今度はグラフギアのcsシリーズを取り寄せるぞっ
by まこと (2018-10-18 13:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。