So-net無料ブログ作成
検索選択
free counters

第44回全国小品盆栽名品展の自分の席を全力で褒めるその凄まじさ

 9月の東京支部展は日本小品盆栽協会の東京支部が主催する展示会で、出展者は東京支部の会員となりますが、1月の全国小品盆栽名品展は日本小品盆栽協会本部の展示会で、展示者は、各支部の方及び個人会員となるので、いろいろな方が出展されます。

 その中で私などは本当に盆栽歴の浅い、年も若い部類になるので、展示に参加するというだけで当然、それなりに緊張してしまうところがあります。2回目の出展となる今年も緊張しましたが、どうにか逃げ切りました。←?

2015名品展1.JPG

 右側から、椿(出雲香)、姫乙女バラ、添配(香炉)、真柏、姫月見草、雀の槍、南天。

 改めて写真で自分の席を見て、きれいだな、と思っています。

 それぞれ個々の鉢合わせだけでなく、全体で見た時の色合いの美しさにもこだわってみました。そこに自分の感覚がよく表れたと思います。当然、ただ派手さを求めたわけではありません。

 とにかく、薄っぺらく聞こえるかも知れませんが、ぱっと見できれいだと思っていただけることをまず第1の目標としました。それがこの数年の経験の結果として、今の自分にできるのかどうかが知りたかったからです。

 また、9月の支部展の際にT屋さんから、それぞれの樹の流れの角度をそろえると、写真になった時も全体がきれいに見えると教わったので、今回それを実行してみました。真柏と南天、それに姫月見草の枯れた軸の流れの角度まで揃えてあります。お話を伺った際は、そこまで気を配るかぁ~と驚きましたが、うん、実際、確かにきれいに見えます。

 さらに今回気付いた点が。

 中央の棚の脇に来るもの(ここで言うと香炉、雀の槍)を小さいものや、重心の低いものにして、その脇にもう少し高さのあるものを配すと、何故かバランスが良くなる気がしたのです。

 高低差にメリハリが付くからか、一点透視図法のようなラインが出来て奥行きが感じられるようになるせいか、よくわかりませんが、そうしたほうが良くなるというのを家でのリハーサルで感じたのでそのようにしました。

 それで、テーマ的なものですが、まだ2回目の名品展ですので、シンプルに「新春らしさにこだわる」ということにしました。香炉の添配を使うことで、床の間の舞台装置なしで床の間を連想できるよう、演出を意図してみました。 

2015名品展2.JPG

 椿は新春の飾りにふさわしい樹ですね。こちらは出雲香という椿です。小さくても咲くようで、会場でも、会期中多くの方からこの椿について尋ねられたと会場係の先輩から伺いました。去年の国風展の時に豆松屋さんでポット苗を買いました。欲しい方は、豆松屋さんで、「まこっちゃんと同じ椿、ちょーだい!!」と聞いてみてください。

 鉢はこの樹用に鬼面足を作りました。ま、角のない人面足ですけど笑。展示会前にこの鉢へ移すことになってしまい、その関係上太根を切れず、このような植え付けになってしまいましたが、本来はもっと右に寄せて植え付けるべきところです。

 鉢合わせに関しては、この、いかにも女性的な花の樹をあえて男性的な足の鉢に植えることで、きれいな女性がデニムのつなぎを着るような、そんな色気を狙っています。←?

 また、鬼面は悪いものを追い払うものですから、年初めの飾りにはピッタリかと。

 鉢の色は、花の色を考えたら天目か青磁系かなと思いましたが、席全体で考えてみたらこの青磁が良いと感じ、決めました。

2015名品展3.JPG

 こちらは姫乙女バラ。八重の花を咲かせるとても小型のバラです。挿し木からここまで来てくれました。何故だか今年は実がついてくれたので、さあ出番です。

 縁の広いこの自作鉢は、「帽子をひっくり返したようだ」とよく言われますが笑、鉢合わせも悪くないと思います。

  

2015名品展5.JPG

 香炉も自分で焼いたのかと尋ねられることが何度かありましたが、これは地元のお店で買った古いものです。一応、これから自分でも作ってみたいものは見本を手に入れておくようにしています。そのために入手しておいた香炉のうちのひとつです。

2015名品展4.JPG

 少し派手ですが、この香炉の緑は今回の飾りには欠かせない色合いなのです。また、四角い地板に統一せず、ここで丸い地板を使って変化をつけることで、堅苦しい印象になるのを避けています。これはT屋さんの飾りから盗んだ技です笑。地板はしずかさんに調達していただきました。ありがとうございます。

2015名品展7.JPG

 主木は百樹園さんの真柏。

 主木に使わせていただいたので見ていただこうと思ったら、体調を崩し、売店の出店をお休みでした。

 鉢は別の所で入手した作者の詳細不明の朱泥楕円手びねり。作りからしてどこかの趣味者の作のようですが味があり、ちゃんと使われていたようで古さもあります。アマチュアの鉢作りにこだわって鉢作りに取り組む私としましては、無名の作家の古くて良い鉢というものにはロマンを感じます。

2015名品展8.JPG

 右の雀の槍は飛び込みで、勝手に生えてきました。土の中ではスギナが春を待っています。そもそもスギナを植えた鉢なのです。扇形の鉢にポツンと飛び込みの雀の槍・・・この溢れんばかりのセンスが怖いです。色合いの鮮やかな飾りの中にちゃんと渋さを織り込むこの才能にめまいがします。

 扇の形は末広がり。これまた新春の飾りで良い役者となってくれました。

 南天は以前も書きましたが、よしゆきさんからずっと前にいただいたもので、自作の初絵鉢に入れました。「松竹梅&ドラえもん」の梅を正面に持って来て、同系色の濃淡で鉢合わせをしています。この鉢で、ドラを正面に持ってくるのはダメね。横に持ってくるチラリズムか、後ろにもってきて隠す背徳感プレイのほうが興奮します。←?

 南天は難転とあてる縁起ものですね。

 ああ、新春。

 とことん新春。

 新春さえあれば他に何もいりません。 

 と、まあ飾りについて、樹や鉢について書きだすとキリがありません。説明するのは野暮だと思いますが、そんな野暮を今あえてすることに意味を感じるところがあるので、意思をもってやっています。

 全体としましては、私には、たいした樹はありませんし、とにかく、樹にも鉢にも古さが足りません。でもそれは、これから枯らさずに持ち込んで、長くこの遊びを続けていくことでどうにかします。いろいろ背負ってしまっていますが、まだまだ歴の浅い入門者ですから。

 それぞれの人に、それぞれ違う才能が与えられて生きています。自分に与えられた才能を見出して、それを活かして遊ぶのが遊び上手だと思いますし、それができれば「楽しい」という感情が「喜び」に近いものになっていくんだと、そう思っています。

 これからまだまだ揉まれていろいろお勉強していきたいです。もっと良い飾りができるようになりたいです。だから、どなたか、東福寺を私にください。東福寺があればもっと良い飾りができます。

 どなたか、東福寺をください。                  


名品展、終りました。

 名品展が終わってやっと年を越せたような、そんな感覚で、今日はゆっくりと過ごしました。まだ終わっていなかった五葉松の葉透かしを黙々とやりながらいろいろなことを考えていました。達成感があるのに心の中が騒がしいのは私の昔からの損な性格ゆえ。短所とも言えますし、長所とも言えるような。

 会期中はいろいろあって、結局自分の席すら写真を撮っておらず、人様の記事にそれがアップされるのを待っている始末です。

 会の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

 お越し下さった皆様、ありがとうございました。

 盆栽の神様、ありがとうございました。


自分を疑ったり、自分を信じたり。

 今までの盆栽生活の中で、自分の力無さが情けなくて、棚の前で泣いたりしたこともありました。でも、今日名品展の会場で、今回自分の飾りでとても苦心した点を、今まで褒めていただいたことのないベテランさんに、もったいないほど褒めていただき、これまでの自分の頑張りが救われたような、すごく誇らしい気持ちになれました。

 変わり鉢を使いながらも鉢合わせの面白さがちゃんと出ていて、ひとつひとつの樹自体はたいした樹じゃないんだけども、席として見るととても上手くできている、というような内容でした。

 ・・・あれ?どなたかからも言われたことがあるような笑。


第44回全国小品盆栽名品展 設営・搬入日

 今日は名品展の搬入日で、私は設営の手伝いもあったので、大好きな仕事を休んでまでして朝から上野へ向かいましたが、そんな私に会社がやさしくないのと同様に、樹やら飾やら、なんだかんだの大荷物を持つ私に、平日の朝9時前の中央線は全然やさしくありませんでした。

 朝から最後まで会場でお手伝いをしつつ搬入を済ませましたが、疲れと、搬入を終えた安堵感で、帰宅早々気絶するようにカーペットの上で眠ってしまいました。ハッと目を覚ました時、随分と長く眠ってしまった気がして、「しまった!もう朝か?」と思い、時計を見たらまだ夜の12時。時計が電池切れと思いスマホを見たのですがやっぱり同じ時間。ほんの数時間で相当がっつり眠ったようです。

 ずっとあれこれ悩み続ける日々が続きました。搬入を終え一区切りでき、やっと気持ちが軽くなったようです。まだ若い樹を背伸びしてどうにか飾らせていただいているだけですけれど、年明けの新春という季節の飾りになるよう自分なりに工夫をしました。

2015_0108_131510-DSCF9058.JPG

 これは以前よしゆきさんからいただいた南天。今回飾らせていただいています。梅の絵の裏側にはドラえもんが描いてある松竹梅ドラの自作鉢で、難を転ずる南天のおめでたさが更にアップです。

 と、私のような新入りのはいいとして、ベテランさん方の素晴らしい飾りが70席近くありますし、また、1階には売店も出ています。44年目となるこの全国小品盆栽名品展へ、是非お越しくださいませ。


餅を焼く。 鉢を焼く。

 年末年始にかけては焼成の連続でした。

 2015_0103_101358-DSCF9037.JPG

 良い出来でしょ?大きさは、

2015_0103_101712-DSCF9040.JPG

 これくらいです。

 これを焼いた時に織部釉をどう使うか、少しわかった気がしました。

 同じ花かごシリーズで、こんなのも焼きました。

 

2015_0103_102011-DSCF9048.JPG

2015_0103_101923-DSCF9045.JPG

 あと、これは自信作。

2015_0103_102108-DSCF9049.JPG

 形も釉もバッチリ。手放したくなくなるほど出来が良いです。

 今日もまた焼成でした。夕方には焼き終りましたが、窯を開けるのは明日の夜くらいになるでしょうか。                           


タグ:鉢作り

謹賀新年&第44回 全国小品盆栽名品展

 あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いします。

 早速ですが、来週末の名品展のご案内を。

2015-1honnbu.jpg

 第44回 全国小品盆栽名品展

 ☠:2015年 1月9日(金)~11日(日)

 ☠:午前10時~午後4時(11日は午後3時終了)

 ☠:上野グリーンクラブ(2階展示場)

 ☠:入場無料

 私も背伸びして参加させていただきます。縁結びのパワースポットとして知られる名品展に、是非お越しくださいませ。 

 さて、昔の人が獣の肩甲骨を焼いて、その割れ方で占いをしたように、今年もまた実家で、年に1度の七輪焼きをしてきました。焼け具合で今年の吉凶を占います。

 昨年までの焼け具合を考え、今年はもう少し焼き締めたいと思っていたので、七輪の温度を上げることと、粘土を焼き締まりやすいものに替えることの2点で改善の策を用意していました。

 七輪の温度をもっと上げるために、七輪に入れる鉢を2つだけにしました。去年までは5、6個入れることが多かったと思いますが、その分入る炭の量が減るので、今年は欲張りません・・・というか、成形して用意する時間の余裕もなかったのですけど。前日の夜に成形して、あらかじめ300度で水分を飛ばしておきました。

 粘土は今回、耐火度の低い朱泥で試してみることに。

 この粘土は1140度くらいが限界の、ものすごく耐火度の低い、でも焼き締まると結構丈夫な粘土。この粘土を使うことで少なくともどれくらいまで七輪の温度が上がったか知っておこうと思いました。

 私は七輪焼きの際、送風にドライヤーを使いません。そもそも、肉体を使って焼くから焼き物に力が宿るのです。力強い作品を焼くために、電気の力に頼らず人力の空気入れで送風します。(←諸々の理由によりドライヤーは使えないだけ)

DSC_2015.0101-3.JPG

 送られた酸素によって七輪の中の炭は強制的に燃焼させられて温度を上げます。空気入れをひたすらこいで、私の腰は悲鳴をあげました。

DSC_2015.0101-4.JPG

 そんな時、何故だか去年より私に対してフレンドリーになった今年の姪っこ(7歳)が現れて、団扇を持って手伝ってくれましたが、空気を送る目的を見出せない姪っこは、午後に1度雪が舞ったほどのこのクソ寒い日に私を団扇であおいで遊ぶことを覚えました。

 この姪っこは、私が毎年お正月に実家で七輪を焚いているので、おじさんはまた焼くのかなぁと、来る前に妹夫婦に話していたそうです。きっと、会う度に何か焼いている変な人という印象なのでしょう。

 そういば、この日別れる際に、初めて私に自分から「ありがとう」と言ったのが印象的でした。それ以外の振る舞いにも、去年まで見られなかった所があり、その成長が見れていつも何かを焼いているおじさんは妙に嬉しく思いました。

 で、結果。

DSC_2015.0101.JPG

 これが・・・

2015_0103_100530-DSCF9030.JPG

 こうなり・・・

DSC_2015.0101-2.JPG

 これが・・・

2015_0103_100553-DSCF9031.JPG

 こうなる、と。

 ものすごいことになってしまいました笑。

 元の形が残らないまでに歪みました。

 今年は良いことがありそうです。                             


メッセージを送る