So-net無料ブログ作成
free counters

手を出した樹、出さなかった樹

P_20171128_135554_DF.jpg

 この樹はウメモドキなのですが、随分前から、よくまあ枯れずにいてくれます。実付きも良く、放っておけば毎年実を付けてしまうので、今年は休めています。

 小さな鉢で持ち込み、毎年ほとんど伸びずにいる感覚ですが、月日が経ち、改めて考えると、少し大きくなってきたかも知れません。

 始めた頃、初めて買ったウメモドキの枝を挿して、ひたすら小鉢で持ち込んだだけのもので、時々少しハサミを入れるだけ。当然針金を掛けることもなしでここまできましたが、こんなのが一番いいんです。お互いあまり干渉し合わない、あっさりとした関係、みたいな。


P_20171128_135259_DF.jpg

 何ミズキかはわかりませんが、伊予水木でしょうか。元々はVの字の樹でした。それをまず先端への力をそぎつつ元気に育てると、V字の片方の幹の元近くにいくつかの胴吹き芽を持ちました。その芽がしっかりした頃を見計らってそちらに立て替えるため、胴吹きより先を剪定。

 もう一方の幹への胴吹きはなかなか得られなかったので、信頼する二人の先輩の意見を伺って参考にさせていただき、今年、胴吹きのない側の幹を元近くまで切り戻しました。

 結果元からひとつ芽吹き、それが伸びて今の姿に至ります。

 鉢が、とりあえず入れただけのものですので、何か良いものを用意してあげたいです。


P_20171129_132408.jpg


 今日は病院で胃カメラ。先生から苦しくないように眠らせてあげる、と言われていたのでどんなだろうと思っていましたが、結果、眠ることはありませんでした。でも、さすが大学病院?健康診断の施設でやった初めての胃カメラの時よりはずっと楽でした。

 最初にドロッとしたシロップ状の麻酔液を口に含まされる。そのまま3分キープして、それを飲み込む。この、飲み込むのがマズくて気持ち悪い。ヤバかった。もうこの辺で舌まで感覚がなくなってきてます。そこでさらにスプレータイプの麻酔を喉に3~4回。とどめで腕からの注射。オェーってならずに楽に終わりました。

 健康診断の時は組織を採ったのは2か所ですが、今回は10か所以上採り、それなりに出血もあったそうで、そのせいか今でも胃のあたりが鈍く痛む感覚です。2日ほどは刺激物を避け、おかゆやうどんなど、消化の良いものをと言われたので、テキーラはやめておきます。

 ヘリコバクターピロリっちの検査もして、結果はまだわかりませんが、先生の胃の見た目の印象では・・・ピロリっち、いない雰囲気なんだとか。いやいや、そこはだから、いて欲しいんですって。君にはそばにいて欲しいんですって。形だけでも・・・。なんだったら、ピロリジュースだって飲みますから。

 おそらく読んでいてもよくわからないかと思いますが、とにかく、ピロリっちがいてくれ、ピロリっちがこの責任を負ってくれることが今の状況で一番楽なシナリオなんです。


 しかし、ま、なるようになるでしょう。

 次は来月にCT。先生、よろしく頼みます。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

フルヤ

以前よりご自作された黄釉についてお伺いしようと思っておりました次第です。次回支部交換会でお時間ありましたらお話聞かせて下さい。
お体心配かと存じますがご自愛なさってくださいね。
ではグリーンクラブでお会いしましょう。

by フルヤ (2017-11-30 12:06) 

まこと

フルヤさんへ

 いつもお世話になります。
 当日はバタバタしているかと思いますが、可能なかぎりお答えさせていただきます。
 後輩に渡す実物も持っていくつもりですので、よろしければご覧になってください。
 
by まこと (2017-11-30 19:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。