So-net無料ブログ作成
free counters

1000記事目

 すっかり寒くなってきました。もうすぐ、泣く子も黙る12月です。

 追われて過ごしていると、もう、何もかも捨てて、どこかラテン系の国へでも逃げてしまおうかという気になってきます。困ったらラテン系の国へ。いいや、甘えるな。ラテンはラテンでけっこう大変なんだ。

2017-11-25_3[80].jpg

 うちでは育てられず、数の少ない桜。何故かすぐに枯らしてしまうんです。富士桜などはうちではせいぜい2年ほどしかもちません。画像のは自分で挿し木したもののようでしたが品種がわからなくなっていて、先日東京支部の例会で講師に伺ったところ、信濃寒桜に落ち着きました。信濃寒桜は、桜の中ではうちでも枯れずに生きてくれる品種です。一体何が違うのでしょうね。

2017-11-25_1[81].jpg

 大文字草がたくさんのつぼみを用意していました。鉢はコーヒーフレッシュの容器ですが、しっかり咲いてくれています。

品種はわかりません。さみしくなっていくこの時期に咲いてくれるのは妙にうれしいですね。


 話は変わって。

 今年一年のバタバタのとどめとなるのでしょうか。これでいい加減落ち着いてもらいたいと本当に願うのですが、これからしばらく医者通いの身となってしまいました。物事の巡りが悪い時は何をどうやっても、次から次へとトラブルが起こりますから、できるだけ感情に呑まれず、そのためにも自分の考えを論理的に整理しつつ、しかるべき時に備えておこうと思います。

 

 ところで、どうやら今回の更新で、記事数が1000話目となるようです。

 2009年の春から始めて、なんの得にもならないフィクションをタラタラと、マンネリズムの堆積これまた上等と、とにかくマイペースで続けてしまい、結果、婚期を逃してしまったようです。てへ。

 始めた頃と比べると、世の中も、私のまわりも、そして私自身もまるで別人のように変わってしまい、今では迷子の子供を助けようだなんて、さらさら思いません。

P_20171126_175539_SRES.jpg

 さて、こちらは私が支部の自由作業の時間に勝手に始めた鉢作り体験での参加者の鉢のひとつ。勝手に載せてしまいました笑。整形してもらったものを私が施釉し、焼いています。この黄色い釉は自作で、作ってある量も少ないので、基本、人の鉢に使うつもりはありませんでしたが、この方に教えておきたいことがあったので使いました。これは特別。

 実際の色合いが画像に載らず困りますが、色、貫入、かなり良い感じに焼けていると思います。ただ、焼いてから貫入を際立たせるために自作の「フルクナール」と名付けた液体に何度も漬け込んでは乾かしたため、腐った銀杏みたいな臭いがします笑。

 このブログを始めて、ご縁に恵まれ、私は鉢作りをする機会を得ました。一蒼さんが焼いてあげると言ってくれたので鉢作りを始めることができた。始まりはそこです。

 このブログが始まったころは焼いてもらう側でしたが、1000記事書いた今は焼いてあげる側になっていました。


 自分で焼くようになってよくわかりましたが、鉢作りで面倒くさいのは整形以外のところなんです。施釉とか焼成とか、ひたすら面倒くさい。それをやっていただいたおかげで今の自分があるわけで、だから私もできる範囲で私の後輩でやる気がある人には、労力と神経を使うことなので当然人を見ますが、協力させていただこうと、そう思っています。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

鈴木(仮)

腐った銀杏‥‥‥‥( ゚д゚)!?
by 鈴木(仮) (2017-11-28 08:08) 

まこと

鈴木(仮)さんへ

 フルクナールはクサクナール笑。
by まこと (2017-11-28 13:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。