So-net無料ブログ作成
free counters

東京支部の遠足と、素焼きの「輝」鉢。

 今日8日は東京支部の遠足の日でした。今回は盆栽大野さんのところへ。

 支部展、きらく会展と、大野さんの売店は皆散々覗いて買い物をしているはずなのに、飽きずにまだまだ探し当てる姿は、ちょっとひく程病的に思えて、心配になりました。

 でも、やはり売店に並ぶのを見るのと、いろいろなものが棚に並んでいる園のほうを見るのでは違いますね。別腹、別腹。

 皆、思い思いのものを選んでいたようです。

 私が選んだもののひとつ。

P_20171008_172955_DF.jpg

 S崎さんの鉢・・・になるはずだった、何故か素焼きのままのもの。

 私がこの会に入会した時は今と違い、まわりは私の親ほどの歳の方ばかりで、そんな時でもS崎さんは私みたいなよくわからない新入りに絡んできてくれました。特別扱いではなく、他の方に対するのと同じように私に絡んできてくれました。

 このブログでもS崎さんのことは何度も書きました。好きでしたね、あの人。背伸びしないで我が道を行くところ。格好つけないところが格好良かった。盆栽云々というより、まず樹が好きな人。S崎さんがいてくれたお陰で私の盆栽生活の始まりはとても楽しいものになりました。

 鉢作りもやった方で、本人が削り出して、一蒼さんに焼いてもらっていたそうです。こたつで横になって、胸に新聞紙を敷いて削り出しなんてして、こたつのまわりを削りかすだらけにしていたという子供みたいなエピソードも。

 トートバッグから出てきた極小のニレケヤキ、支部展でイチョウについて話す姿、霧吹き片手に展示品の乾きに気を配る姿、大宮盆栽祭でいつまでも売店をうろついていた時のこと、例会会場のトイレで話したこと、会報の取材でお宅へ伺った時のこと、ああ、キリがない。

 そんなS崎さんが今年亡くなり、S崎さんの自作鉢が盆栽大野さんへ引き取られたのです。

 今日大野さんのところでS崎さんの鉢の入ったカゴを見ていたら、ひとつだけ、どうも本焼きがまだのような、素焼きっぽいものを見付けたのです。

 そのままにしておくわけにはいきませんよね。

 私が引き取って、本焼きまで終わらせることにしました。最初で最後のコラボ鉢。

P_20171008_173034_DF.jpg

 鉢裏に「輝」という落款の鉢を見付けたら、それはS崎さんの鉢。大切にしてあげてください。

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る