So-net無料ブログ作成
free counters

豆盆栽のある景色展

 

 明日8月2日から新宿のリビングデザインセンターOZONEというリッチなビルディングで「豆盆栽のある景色展」が始まります。

 一木一草話さんに頼まれ、私も少しだけですが、自分の鉢を出品しました。

 会期途中の夏休みを挟んで28日までやっていますので、男性はタキシード、女性は背中ばっくりのイブニングドレスを着用の上、是非足を運んでみてください。

 詳しくはこちら→ 豆盆栽のある景色展

2012_0727_210149-DSCF6050.JPG

 アブラムシ除けのためにテントウムシを鉢に彫る方もいますし、日当たりの悪い棚の方のために、太陽を彫ってみました。

2012_0727_210247-DSCF6051.JPG

 こんな鉢にまだ青い大きなアケビの実などぶらさげたら、さぞかし気分が良いでしょうね。

2012_0727_210315-DSCF6052.JPG

 結晶がよく出ました。

2012_0727_210948-DSCF6060.JPG

 赤土シリーズ。

 赤い釉薬を埋め込んでいます。

 うっすらかかる透明釉は七輪の灰が溶けたもので、ほんのりと色味がかかって素朴な味が出ました。

2012_0727_210832-DSCF6057.JPG

 こちらは赤土にピンクの釉薬を埋め込みました。 

 まだ経験不足で、このシリーズは作ったうち、無傷で仕上がったのはその半分以下。

 赤土を成形して、溝に白土を化粧して、ある程度七輪で焼いて灰をしみこませ、釉薬を筆で塗って、電気窯で焼成・・・なんだか面倒臭い手間をかけていますが、この過程をどこか抜いてしまうとなんだか味気ない焼き上がりになってしまうようです。

2012_0727_211124-DSCF6065.JPG

 渋好みの方には灰かぶりの焼き締めを。

 そうそう、新宿駅そばから、無料の送迎バスが出ていますので、そちらを使わないと、日差しにやられますよ笑。

2012_0801_180521-DSCF6103.JPG    

      


タグ:鉢作り
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

夏音

こんにちは
毎日、あちーですね

豆盆栽のある景色展、行ってみようと思います
OZONEは行ったことがあるので、たどり着けると思います

まこと先輩の鉢も販売されるのですか?

でも、私のおこづかいで買えるかわかりませんし、買えたとしても、わたしのようなものが買うのは失礼な気もします

それにイブニングドレスは持っていないので、どーしましょ?

by 夏音 (2012-08-03 10:14) 

まこと

夏音さんへ

 夏音さん、こんばんは。
 今日もあちかった~

 今日夕方時間があったので、会場をさらりと見て来ました。
 実は私、女将に選んでもらって預けただけですので、いくらで売られているのかをその時まで知らなかったのです。

 私の鉢の値段は、小さなキャベツが15個から20個くらい買える金額でした。
 ただの手作り植木鉢・・・高いのでしょうか、安いのでしょうか笑?
 永遠の謎です。

 私の鉢だろうと他の方の鉢だろうと、気に入ったものがありましたら、失礼なことなど全くありませんから、連れ帰ってしまってください。
 わざわざ新宿のあんなところで鉢や盆栽を並べるのは、コアな盆栽愛好家でない方々へアピールする目的があるのでしょう。

 もしも鉢を買ったら、しまっておかずにしっかり使ってあげてくださいね。

 しかし、イブニングドレスをお持ちでないとは・・・困りましたね。
 わかりました。
 ホットパンツも可とします!
by まこと (2012-08-03 19:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る